woman

噛む楽しみ

噛む楽しみを、知っていますか?
では、その楽しみが、将来に渡って保証されるわけではないという事実について、どう思っていますか?

食事は三大欲求の一つ。栄養を摂取することは、身体を維持し健康を保つためになくてはならないものです。生存に必要なことには快楽が付随します。睡眠然り、性行為然り。
もともと欲求というものは、種が存続し繁栄するための、本能的なもので、原始的な本能を一方向に促すためには、快楽というご褒美が必要でした。だから、存続し繁栄する、そのために必要な行為の一切には、原始的な快楽が伴うのです。

しかし、人類が進化し、原始的な本能を理性によって覆ったとき、そこに別種の「楽しみ」が生まれました。食事の喜びは今や、栄養を摂取するだけではなく、美味しいものを食べて味覚を喜ばせること、豪勢なものを食べてその場の雰囲気を楽しむことなど、他角度から要求を満たしています。

噛む楽しみ、というのも、その一つでしょう。食事をするとき、自分の歯で噛むこと。当たり前のようでいて、これがとても重要になります。歯を失い、噛むことができなくなると、途端に身体が弱るという説があるのです。

一度失った永久歯は、二度と生えて来ません。歯科に行っても、永久歯を取り戻すことはできません。代わりに歯科では、インプラントという方法の提案があります。

歯科、特に歯の機能だけでなく外見的な要素も快復させようという目的での治療を行う審美歯科では、歯のインプラント治療が行われています。
インプラントとは「埋め込む」という意味で、文字通り、失った永久歯の代わりとなる、人工歯を埋め込む治療法のことを言います。

歯を失った人にとって、インプラントは最後の希望です。
物を噛む楽しみまで失わないように、食事の欲求をより高い次元で満足させられるように、将来に渡って、必要性が生じたときに、気軽にインプラント治療を選べる環境に自分を置きましょう。

PageTop